任意整理と交渉


個人の力で返済しきれない借金を抱えてしまったときは、専門家に助けてもらいましょう。債務トラブル専門の法律事務所などでは、状況に応じて債務整理を行って、借金返済をサポートしてくれます。このとき多くの方が利用するのが任意整理と呼ばれる手続きで、比較的手間もかからないので、多くの弁護士が採用しています。とはいえ個人で出来るような手続きでもないので、借金の返済を滞らせそうなときは、早めに相談するのをオススメします。

任意整理は、債権者と交渉を行い、返済の方法や金利の設定を変更してもらう手続きです。うまく交渉が進めば、金利を大きく引き下げて、すぐに原本の返済を行えるようにしたり、返済期間を延長して、分割して返済を続けられるようにしたりと、様々な方法で負担を減らします。任意整理なら、裁判所などを化さず取引を行うことが出来、債権者側もある程度の返済は保証されますが、交渉を債権者と債務者が行うとトラブルが置きやすいので、やはり弁護士に相談して交渉や手続きを代行してもらう必要があります。

任意整理を利用すれば、返済時の負担を大きく減らすことが出来るでしょうが、債務を減額させるというよりも、返済にかかる時間や金利の減額などを行う分、原本の額はそれほど変化しません。もちろん負担を減らせることが出来るのは間違いないので、任意整理を行いたいときは最寄の法律事務所に相談しにいきましょう。